アイコン_機用品のドリンク

客室

機用品の数をチェックする大川

短い時間で、お客さまを迎える準備。
新しい資格を取るたび、仕事が広がる。

「入社するまでよく知らなかった仕事がここにはたくさんあります」と大川は言う。機用品の交換作業もその一つ。客室内で使うイヤホンや毛布、機内誌など、さまざまな物品を載せ替え、次のフライトの準備をする。エアコンホースを機体に取り付け、空調をコントロールするのも彼女の仕事だ。
「座席数や路線によって使う機用品も違います。短時間で作業を終えなくてはならないのに、種類が多くて複雑。クルーからの細かいリクエストにも応えなければいけませんし、到着した航空機の客室は協力会社のスタッフも大勢いて慌ただしいです」

最近は客室クリーニングの最終確認をする責任者の資格も取った。
「新しい資格を取るたびに、仕事の広がりを実感します」
ずっと挑戦したかったボーディングブリッジの操作もできるようになった。
「やりたいと言い続けていた資格取得のチャンスがもらえて、今はとても充実しています。アピールし続ければ夢は叶いますよ」
そんな彼女の入社前からの夢はマーシャラーになることだ。
「資格を取るにも順番があるので、今はまだ…でも、諦めません!」

大川プロフィール画像
運送サービス部 航空機サービス課

大川 喜帆2008年入社

機用品セッティング業務、手荷物仕分け業務を経験した後現在のセクションへ。
ハイリフトトラックを使用して、時間内に機用品を交換するのが大川のミッションだ。
また、航空機支援業務のヘルプも行うため、到着時の翼端監視やチョーク業務の資格も取得してきた。

数少ない女性ながら
「この仕事が好きな人なら続けられます」
憧れだったセントレアでスキルアップに励む。