アイコン_フォークリフト

貨物

貨物の検品を行う角島

他空港を視察して、自分の仕事に自信を持った。
毎日、達成感を味わっている。

お客さまが行き交うセントレアのターミナルから少し離れた一画に、貨物関連の建物が軒を連ねる区域がある。その一棟で、多数の貨物がコンテナに積み付けられるのを待っている。ここが角島の仕事場だ。到着便から取り降ろされた貨物は、ここでチェックを受けてから国内に入る。ある意味、ここは国外だ。
「到着貨物のチェックは、いつも真剣勝負」と角島は言う。運送状どおりの中身かチェックし、危険物はないか、温度管理が必要ではないかなど、一つ一つに目を光らせる。全ての荷捌きを定刻に間に合わせるのが快感だ。
「毎日達成感を味わえます」 とはいえ、多い時は連続して何便も到着するような事態でも円滑な業務を行わなければならない。
そんな時、頼りになるのは搭降載チームのヘルプだ。
「応援体制ができて以来いろいろな社員との会話が増えた。他空港の業務を視察した時、自分たちが取り組んできた効率的な業務に自信を持ちました。みんなで胸張って帰ってきましたよ」

めざすのはさらなるチームの結束力向上だ。「後輩とは顔色を見ただけで気持ちがわかるほどコミュニケーションを取る。何かあれば守ってやるという気構えでいます」

角島プロフィール画像
ランプ貨物部 ランプ貨物1課

角島 誠2005年入社

セントレア開港時から貨物業務一筋でやってきたが、社内体制が変わって他業務への可能性が広がったのを機に新たな資格取得に向け挑戦中。
「一つの仕事に固執せず、幅広くグランドハンドリングの業務に興味を持てる人にとってはチャンスがたくさんある会社だと思います」。

職場では敢えて笑顔を見せない厳しいリーダーに徹するものの、プライベートでは別の一面も。