TAKE INTERVIEW

グラハンの使命、誇り、責任、
仲間へのリスペクト愛もぜんぶ!
学生に届けっ!このアツい気持ち!

グラハンの使命、誇り、責任、
仲間へのリスペクト愛もぜんぶ!
学生に届けっ!このアツい気持ち!

PROFILE 人財・渉外部 人財開発課

池永 圭

2009年入社 
大阪外語専門学校エアライン科出身

学生時代に抱いた「空港で働きたい」という憧れを現実にすべく、地元を離れて10数年。お客様の手荷物の仕分けやPBB業務など各種航空機の運行を「支える」側を経て、支える仕事を「伝える」側となった今、未来の仲間を迎える仕事にチャレンジ中だ。

人生を捧げたくなるほど
「カッコイイ」仕事。

聞き手
空港で働きたいと思ったきっかけは何だったのですか?
高校卒業後、自分が何をしたいのか見出せなかったんです。大学に進学するイメージも抱けなかった。そんな悶々とした状況を打破すべく、選んだ手段は国外脱出(笑)。今思えば、家族は心底心配しただろうな…息子が進学も就職もせず、海外を回っていたわけですから。
池永 圭
池永
聞き手
現実逃避…いや、将来を見つめ直す旅に出たということですね?
表向きは、そうですね(笑)。香港に行ったり、オーストラリアでは3ヶ月間過ごしたり、18歳にして「人生の休暇」を大いに満喫した後、大阪にある大阪外語専門学校のエアライン科に進学しました。
池永 圭
池永
聞き手
つまり、海外でのんびりと過ごした1年間が進路を導いてくれたと?
空港や飛行機に関わる仕事がしたいという気持ちを確かにした経験でしたね。専門学校で学ぶ中でグランドスタッフに興味を持ち、その後、テレビでグランドハンドリングに関わる人のインタビュー番組を見たんです。カッコイイ!…一瞬で引き込まれました。私、素直なんです。これを機に、将来のイメージがぐっと絞り込まれた気がしました。
池永 圭
池永
聞き手
地元の大阪にも様々な空港がありますが、なぜ中部国際空港セントレアに?
専門学校在学中に、友人と来たことがあって。2005年に中部国際空港セントレアが開業して間もない頃でした。当然ながらキレイで、展望台から見た景色が本当に気持ちよくて。そこで中部国際空港セントレアの求人を見てみたら、グランドハンドリング業務を主事業とする当社を見つけたわけです。
池永 圭
池永

挑戦を受け入れ、
一緒に挑戦してくれる社風。

聞き手
入社する前後で、ギャップはありましたか?
大手の航空会社と違い、規模が大きすぎないところが働きやすそうだなと感じていました。その点は入社後も変わっていません。面接時、「入社したらPBB(搭乗橋操作)をしたいです」と話したら「やったらいいよ」と拍子抜けするくらい気軽に返答され、驚いたことを覚えています。
池永 圭
池永
聞き手
気軽すぎて、不安になりそうですが(笑)
基本的に素直な性格なので、素直に受け取りました。当時の言葉通り、入社後は様々な部署や課で業務を担当させてもらいましたし、やりたい気持ちを否定せず、経験させてくれる懐の広さをあらためて感じました。
池永 圭
池永
聞き手
入社後はどんな業務を担当してきましたか?
最初の配属は、客室サービス課でした。お客様が搭乗されるまでに客室のクリーニング・点検を行うのが主な業務です。クリーニングの他にも、各種備品の準備・補充・交換、所定の位置に必要数揃っているかのチェック、客室全体の点検まで行っていました。憧れのPBBの操作もこの部署で携わることになったんです!
池永 圭
池永
聞き手
その時はかなりテンションが上がりましたよね?
憧れていましたからね。ところが現実は思うようにいかないもので…。航空機の機種によってPBBを装着する場所が異なるんです。装着するための位置も細かく決まっている。その位置に合わせて装着していかなければいけないわけです。
池永 圭
池永
聞き手
憧れと想像をはるかに超える高度な仕事だったわけですね。
わずかな段差でもご高齢の方や車椅子を利用される方、お子様連れのご家族などには不自由なわけで…。同じ仕事でも1つとして同じことがなくて、職人が技術を磨いていくような仕事だと実感しました。今は現場から離れましたが、サポートでPBBの操作をすることがあるんですよ。規定通りにピタッと装着できると、今でも嬉しくてたまりません。
池永 圭
池永

社員約350人のうち、
採用担当の専任は自分ただ一人。

聞き手
現場の仕事から内勤に変わることになったお気持ちは?
2017年の12月に部署移動し、採用に関する仕事を一手に引き受けることになりました。前任者が退職されるタイミングで声がかかったわけですが、嬉しかったですね。
池永 圭
池永
聞き手
池永さんの言葉をお借りするなら「素直に受け止めた」わけですね。
本当に嬉しかったんですよ!24時間365日、休みなく動き続けるのが当たり前の航空業界で、グランドハンドリングが様々な航空機の運航を支えているのは確かです。約8年間の現場仕事で実感したことを伝えられるチャンスが舞い込んだわけですし。グランドハンドリングはもちろん、仕事に対する仲間の真摯な姿、会社の魅力をどれだけの人に伝えられるか、自分自身への挑戦とも感じました。
池永 圭
池永
聞き手
具体的にはどのような仕事になりますか?
一年を通して、新卒・中途すべての採用業務を行いつつ、採用がひと段落つく頃に早期就業(正式な入社前に基本的な業務を知ってもらう期間)の皆さんたちのサポート業務が始まります。研修の準備(詳細は各部署に依頼)、会社の寮に入る方であれば各種手続きなど、入社前も後も不安がないようフォローをしていくことも重要な仕事だと位置付けています。
池永 圭
池永
聞き手
専任以外の業務の方が多いような?
最初の出会いから接している分、フォローしたいなと思うので。メインの採用業務では、学生でも既卒者でも「求職者」であることを忘れないように、働く上での不安を細かく聞いたり、会社について知りたい情報を漏れなく提供したりするよう心がけています。
池永 圭
池永
聞き手
何か理由があるのですか?
自分が学生だった時、メールを送っても返信がない企業が少なくなくて。「こちらを見ていない」感じがありありと伝わってくると、寂しいですよね。ですから、メールなどのやりとりは頻繁にしますし、空港内の見学もたった一人でも受け入れています。現場の空気感や仕事の裏側なども見せたりすると、働くイメージがより具体化できるじゃないですか。中部国際空港の方々も理解してくださっていて本当にありがたいです。
池永 圭
池永

グランドハンドリングが
なりたい仕事の1つになるように。

聞き手
実際に携わってみて、いかがですか?
現場目線だった以前と比べ、採用担当になった今は、会社というフィルターを通して「グランドハンドリングの仕事とは何か」をあらためて見つめています。当社のグランドハンドリングとはどういうものか、何ができるのか、どんな成長ができるのか。会社のことや採用という点でもまだまだ知らないことばかり。もっと勉強したい気持ちでいっぱいです。
池永 圭
池永
聞き手
池永さんの向上心と好奇心が止まらないですね。
会社の後押しが大きいですよ。1番ありがたいのは、本人に仕事を任せて判断させてくれるところ。でも決して放置はしない。これはどの部署にも言えます。万が一のことがあれば、必ずバックアップするという安心感が常に漂っているんです。この先も一緒に仕事を続けていきたいという思いを強くしましたし、会社の運営に関わる業務が増える中でやりたいことも増えています。
池永 圭
池永
聞き手
新たな目標が生まれつつあるようですが。
内勤になって、上司が参加する国交省や大手航空会社との会議に同席させていただく機会があり、この年齢では経験できない貴重な経験をさせてもらっています。今いる場でしっかりと実績を作り、上の立場になっていくことで、今後後輩が私の仕事を経験しつつ、私自身は人財開発部で新たな道を切り開いていきたいと考えています。こんな壮大な目標、恐れ多くて口外できませんが。
池永 圭
池永
聞き手
いえいえ、これを機に口外しましょう!
それもそうですね!「グランドハンドリング」と聞けば、「あの仕事だ」と誰もが知っている仕事として認知されるように広報することが私の役目です。この仕事に携わる人はみな、仕事に対する誇り、責任、仲間をリスペクトする精神を持って働いています。

そんな世界を知らない人たちが多いということは、逆に言えば、認知度をあげるチャンスがあふれている証。自社説明のほかに某大学の講義でお話させていただいたり、テレビ番組への出演を依頼したりもしていますが、取り急ぎ、入社前の不安な学生に向けて社員のプロフィール動画なんかも作ろうかと構想中です。現部署に在籍中に実現します!必ず!
池永 圭
池永

COLUMN プライベート

COLUMNプライベート
普段は会社の仲間とフットサルを楽しんでいます。常滑市にフットサル専用施設ができてからは、中部国際空港で働く他社の人たちとも顔見知りになり、交友関係が広がりました。現職になってからは土日休みなので、チームで試合に出たりすることもあります。入社前は出退勤の繰り返しの毎日を想像していましたが、先輩や後輩とは頻繁にご飯を食べに行きますし、同僚とラグビー観戦や、冬には部署関係なくスノーボードなど、入社から十数年経っても変わらず、オン・オフともに充実しています。

ENTRY

ENTRY エントリー ENTRY エントリー

大学生も文理不問で積極採用中!
サラリーマン人生じゃ味わえない
誇りと絆がここにある!

大卒、専門卒の方の新卒エントリーはこちら↓

大卒、専門卒の方の新卒エントリーはこちら 大卒、専門卒の方の新卒エントリーはこちら

中途採用のエントリーはこちら↓

中途採用のエントリーはこちら 中途採用のエントリーはこちら

PAGE TOP

Chubu Sky Support Recruiting info.