TAKE INTERVIEW

「こいつなら任せられる」。
仲間の信頼を勝ち取った時、
トーイングマンの夢は叶う。

「こいつなら任せられる」。
仲間の信頼を勝ち取った時、
トーイングマンの夢は叶う。

PROFILE ハンドリング1部 ランプ2課

森 恵理佳

2012年入社 
東日本航空専門学校 空港エンジニア科出身

数々のグランドハンドリング業務の中でも、最後に飛行機を出発できる位置へと送り届けるプッシュバック。「この仕事を絶対にやりたい」という強い気持ちを持ってCSSに入社した森さんですが、夢の実現までの道のりは決して平坦ではなかったそうです。目標を成し遂げるまでの長い道のりを語ってくれました。

飛行機を見送る姿に憧れて。

聞き手
森さんがグラハンに興味を持ったきっかけは何だったんですか?
幼い頃、地元の仙台空港そばにある公園で、飛行機の離発着をよく眺めていたんです。その時はまだ「飛行機ってカッコいいな。すごいなぁ!」くらいの気持ちでしたが、高校生の時に、専門学校に通っている先輩からグランドハンドリングを勉強していることを聞いたんです。飛行機の一番そばで働ける仕事がグラハンなんだと知って、「私も飛行機に触りたい!」という気持ちが湧いて進路を決めました。
森 恵理佳
聞き手
進学先は宮城県内だったんですか?
仙台空港の近くにある、グランドハンドリングの専門学校に進学しました。実技を交えながら学んでいく中で、「プッシュバック」という業務に憧れを抱くようになりました。プッシュバックというのは飛行機が出発できる位置まで機体を牽引する業務で、牽引する車両をトーイングカー、担当する職員をトーイングマンと呼びます。このトーイングマンになりたいという気持ちが、日に日に強くなっていったんです。
森 恵理佳
聞き手
トーイングマンのどういう所に魅力を感じたんですか?
プッシュバックは、飛行機を送り出すために様々な準備をするグランドハンドリング業務の、言わば締めくくりなんです。客室を綺麗にクリーニングして、仕分けた貨物や手荷物を最適な状態で積み込み、万全の状態になった飛行機を送り出す最後の仕事。無事にその責務を終えたら、搭乗されているお客様に笑顔で手を振ってお見送りする。その姿がとてもカッコいいって思ったんです。
森 恵理佳
聞き手
宮城県から離れてセントレアで働こうと思ったのはどうしてですか?
親戚が愛知県に住んでいたのもあり、初めての飛行機で降り立った空港がセントレアでした。仙台空港よりも規模が大きく、新しく綺麗な空港だったので印象に残っていたんです。だから、専門学校を卒業したらセントレアに行こうと密かに考えていて、CSSの求人情報を見つけてすぐに応募しました。地元から離れることを家族は心配していましたが、親戚もいるから大丈夫だよと説得して、ここで働くことになりました。
森 恵理佳

「こいつなら任せられる」という
信頼を勝ち取る。

聞き手
入社してすぐプッシュバックに挑戦する機会はあったんですか?
最初に配属されたのは客室サービス課でした。主には搭乗されるお客様のドリンクやケータリング、機用品などの交換・クリーニングを担っている部署です。「いきなりプッシュバックはできないか……」と少しショックも受けましたが、飛行機がいつも清潔なのはこうした仕事が陰で支えているからなんだと、気持ちを切り替えて仕事をはじめました。
森 恵理佳
聞き手
実際に森さんがプッシュバックを担当するまでに、どのくらいかかったんですか?
実を言うと、プッシュバックを担当できるようになったのは最近のことで、客室サービス課で丸6年仕事をして、入社7年目からプッシュバックの可能性があるランプ課に異動となりました。私は1年目の頃から、「いつになったらプッシュバックができますか?」と発言する新人だったので、この6年間は本当に長い道のりでした。
森 恵理佳
聞き手
プッシュバックができない間は正直不満でしたか?
そうですね、不満がなかったと言えば嘘になります。何度も何度も「プッシュバックがやりたい」と発言しているのに、全くチャンスが降りてこないわけですから。でも、どうしたら任せてもらえるのか、当時の私は全然分かっていなかったんです。
森 恵理佳
聞き手
何が必要だったんですか?
ある日、「私に足りないものって何ですか?」とベテランの先輩に聞いた時、「プッシュバックほど責任の重い仕事はないぞ。お前にそれだけの実力があるのか?」って言われたんです。そこで初めて“責任”とは何かを考えるようになりました。「こいつになら任せて大丈夫だと、みんなに信頼される人間にならなきゃいけないんだ」と、入社3年目になってやっと気づいたんです。
森 恵理佳
聞き手
そこから意識が変わっていったんですか?
はい、どんな仕事も率先して取り組むように行動を変えました。任された仕事をただこなすのではなく、何が最善かを常に考え判断する。先輩よりも先に準備に取り掛かり、業務後の道具点検も一番に終わらせる。客室サービスの仕事には、汚水や排水の汲み取りという決して楽とは言えない業務も含まれていますが、どんなに苦しい時でも「トーイングマンになるまで、私は絶対に諦めない!」と、いつも気持ちを奮い立たせながら仕事に取り組みました。
森 恵理佳

夢の実現まで、あと少し!

聞き手
そして入社7年目にして、念願のランプ課に配属となったんですね。
はい、ランプ課への配属が決まった時は本当に嬉しかったです!プッシュバックの可能性が高まったのはもちろん、客室サービスに関わる資格はすべて取り切っていたので、またイチから新しい仕事を学べるのも嬉しかったです。「よっしゃ!」という気持ちでいっぱいでした。
森 恵理佳
聞き手
その後はすぐにプッシュバックができるようになったんですか?
新参者がいきなり任せてもらえることはないので、まずは搭載業務からスタートです。ここでも、みんなに認めてもらいたい一心でがむしゃらに働きました。ランプ課で必要な資格テストにも次々挑戦して、誰よりもやる気があることをアピールする日々。その後、入社8年目にして念願のプッシュバックができるチャンスが巡ってきたんです。
森 恵理佳
聞き手
ついに夢を叶えたんですね!?
まだまだ、そう簡単な話ではありませんでした。プッシュバックの勉強は事前にたくさんしてきたんですが、実際にトーイングカーを動かすとなるとやっぱり操作が難しくって。毎日、業務合間に時間を作っては先輩に運転指導をしてもらい、夜便のピークが終わった後も駐機場に残って練習をしていました。
森 恵理佳

プレッシャーに打ち勝ち、
次のステップへ。

聞き手
トーイングマンになるための練習は、やっぱり大変だったんですね。
最初はダミーシップを使ってプッシュバックを練習し、問題なく動かせるようになった段階で、お客様の搭乗する実機で練習をします。しかし、実際にお客様が乗っている飛行機を牽引する時には、一気に緊張の度合いが高まりました。安全に、定刻通りに飛行機が飛び立つための最後の仕事が、自分のこの両手にかかっているんです。相当なプレッシャーの中、仕事が怖いとさえ感じました。
森 恵理佳
聞き手
入社当初に、先輩の言っていた“責任”を強く感じた瞬間だったんですね。
はい。その後も練習を続けて、途中までは順調に上達していけたと思います。でも、資格テストを2週間後に控えたあたりから、できていたことが突然分からなくなってしまったんです。頭の中ではルートがイメージできているのに、全然、思い通りの位置に運ぶことができない。自分のイメージもハンドリングの感覚も、もう何を信じたらいいのかわからなくて、家でも、先輩の前でも泣いてしまいました。
森 恵理佳
聞き手
スランプに陥ってしまったんですね……。
結局、最初の資格テストでは合格できませんでした。停止中の飛行機の隣に、横並びになるように牽引するテストでしたが、飛行機同士の翼端が近すぎる位置に停めてしまったんです。接触事故には至りませんでしたが、安全意識に欠けると判断され、再試験を受けることになったんです。このままじゃダメだって、この時ようやく気持ちを切り替えることができました。
森 恵理佳
聞き手
2度目の試験で、ようやく資格を取得できたんですか?
そうなんです!本当に本当に長かった。いつも練習に付き合ってくれた先輩たちや、再試験が受けられるように働きかけてくれた会社のサポートがあったからこそ、成し遂げられたことだと思っています。専門学校時代から思い描いてきた夢をようやく叶え、トーイングマンとして胸を張ってお客様に手を振ることができました。
森 恵理佳
聞き手
夢を叶えた今後の目標はありますか?
今、私がプッシュバック出来るのは一番小型の機種だけなので、大型機のプッシュバックもできるようになりたいです。トーイングマンとして実務にあたるようになってからまだ半年も経っていないですが、同時にランプ業務の様々な資格も取得しながら、いつも頼りにされるオールマイティーな人材になりたいですね!
森 恵理佳

COLUMN プライベート

COLUMNプライベート
CSSのメンバーって本当に仲がいいんですよね。早番終わりには後輩を連れてみんなでご飯を食べに行ったり、最近はボウリングに遊びに行くことも多いです。休みの日は基本的に寮で体を休めているんですが、年に1度は同期たちと休みを合わせて東京観光。テーマパークではしゃぎ回ってます。今年もみんなで行けるように、休みを調整しなきゃ!

ENTRY

ENTRY エントリー ENTRY エントリー

大学生も文理不問で積極採用中!
サラリーマン人生じゃ味わえない
誇りと絆がここにある!

大卒、専門卒の方の新卒エントリーはこちら↓

大卒、専門卒の方の新卒エントリーはこちら 大卒、専門卒の方の新卒エントリーはこちら

中途採用のエントリーはこちら↓

中途採用のエントリーはこちら 中途採用のエントリーはこちら

PAGE TOP

Chubu Sky Support Recruiting info.